Discography

07_cheese_cellar_300pix

CHEESE CELLAR E.P.

1.CHEESE CELLAR
2.GIULIETTA
3.MAKE HER MINE

2006.08.09 Release
12inchアナログ
DR-0002
¥1,680(税込)
Delicatessen Recordings

Dance Music Record × Delicatessen Recordings
E.P. シリーズ第1弾!
21世紀の音楽革命児・中塚武が一気に加速。ニューアルバム先行アナログとして、最新型のスーパーキラーチューンをドロップ!その名も「CHEESE CELLAR E.P.」!!
 
 
『CHEESE CELLAR』
抜群なグルーヴ感を演出するボイスサンプリング、腰の疼きを禁じ得ないファットなキックとシンセベース、フロアの熱気をわきまえた巧みなフィルターワーク、高揚感を煽る強烈コーラスワークと、どこを取ってもハッピーな要素満載のスーパーグルーヴィーハウス!!
 
『GIULIETTA』
キューピーTVCMソングとしてオンエアされて以来、高感度なファンの方々からの問い合わせが殺到、まさに満を持して待望の収録となった作品!オールドスクール直系のクールなエレクトリックブレイクビーツをラテンでキッチュなソースで仕上げた、マエストロ・中塚武による斬新なヒップホップ・ディ・イタリアーノを召し上がれ!!
 
『MAKE HER MINE』
モッズシーンの超名曲。Hipster Imageのオリジナルが持つワイルドでセクシーなイメージはそのままに、よりダンサブルなピアノラテンジャズにリメイク!強力なリズムのアクセントを作るピアノとパーカッション、不良さながらにブロウするサックスもさることながら、中塚武のボーカルは特にセクシーフレイバーが満載!!

    laughin

    Laughin’

    Amazonで購入

    iTunes Storeで購入

    1. Magic Colors
    2. Love Wing
    3. Hooray, La La -interlude-
    4. Melody Fair
    5. Stay
    6. 愛のうた
    7. What’s Your Name? -interlude-
    8. 素顔のままで
    9. Beauty In A Beast
    10. Friend

    2005.08.24 Release
    VICL-61717
    ¥1,575(税込)
    Victor Entertainment

    音楽に「笑い」は必要か?
    その問いに自信を持って「必要じゃあーりませんか」と答える、2作目に挑戦、空前の注目度を誇る横浜が生んだ音楽界のお笑い芸人、中塚武だ!
    1曲目、怒濤の極彩色ポップ、『Magic Colors』(資生堂ピエヌCMソング)でつかみはOK。ハウス、テクノ、エレクトロ、ソウル、ジャズ、HIP HOPを咀嚼したタフなビートを基調にしながら、彼持ち前の一流ギャグ、もとい音楽センスを余すところ無く披露した、「カラフル」「キャッチー」「最先端」を見事に結びつけた三題噺、聴いた人みんなを元気づけ、確実にニッコリ笑わせる、おあとがよろしい1枚ざんす!
    スピーディーで饒舌でド派手な展開、聴いたこともないような革命的な音の連続に、「どないなっとんねん」と思わずスピーカーに向かってツッコミを入れたくなってしまいます。しかし決してド派手なだけでは終わらない、優しさと愛に溢れた極上の時間を提供してくれるのが、稀代のサウンドクリエイター中塚武、一流の証なのです。
    1作目で喜んだ(JOY)男が、2作目で笑う(Laughin’)、さあ、これから彼は一体どんな愉快なご面相を見せてくれるのでしょうか?
     
    ●Magic Colors
    ’05年春 資生堂PN(ピエヌ)CMソングとしてオンエアと同時に問い合わせ殺到。ポップ・エレガント・キュート、3拍子揃った本アルバム最重要コンセプトミュージック。世界中のクラブシーンを席巻しているDaft Punkなどのエレクトロ・ハウスに、中塚の持ち味であるアコースティック感を加えて洗練されたサウンドは、まさに2005年の最先端DISCO MUSIC。クラブシーンだけでなくドライブデートやホーム・リスニングまででも華やかに彩る、まさに音の「Magic」。
     
    ●Love Wing
    リリース前から既に数々のダンスフロアを熱狂させ、アナログ先行リリースのオファーが殺到したスーパー・キラーチューン。超アッパーなトラックにMelodie Sextonのパンチの効いたヴォーカルが絡む、日本人離れしたサウンド・メイキング・センス。中塚武必殺の1億人対応ダンスミュージックはクラブを超えてこの曲によってついにお茶の間にまで浸透。ここにまた一つ、名曲が誕生。
     
    ●Hooray, La La
    中塚武の最新型HIP HOPチューン。ミドル・スクール・マナーのドラムループにアーシーなヴォーカル、生のホーンセクションとコーラスワーク。これもまた中塚武の真骨頂。先行アナログEPにも収録された本作は、HIP HOP DJのみならず、アンチHIP HOPリスナーをも巻き込んでゆくはず。
     
    ●Melody Fair
    この夏、中塚武が贈る極上のラヴ・ソング。birdやOrange Pekoeを彷彿とさせるKyoko Okadaによるヴォーカルと、ジャズやボサ・ノヴァを未来型に昇華した最先端サウンド、そして切ないメロディーに乗せた中塚自らによる日本語詩の世界は、J-POP愛聴者のあなたの心にもきっと届くはず。陽だまりのカフェで、真夏の高原で、夏の終わりの海辺で、2005年の恋人たちの胸焦がすナンバー。
     
    ●Stay
    誰もが踊らずにいられないゴスペル・ハウス。中塚武自身がプレイするGroovyなピアノハモンドオルガンに乗せて、dNessaのヴォーカルとゴスペルコーラスが炸裂。かつてブラックミュージックがこれほどまでに日本人の手によってポップに昇華されたサウンドがあったでしょうか? 中塚自身が愛してやまない黒人音楽へのオマージュがここに集約。
     
    ●愛のうた
    中塚武が歌う、夏のラヴソング。カリプソ&ロックステディのリズムとそれを包み込むホーンセクション。これほどストレートに心に響くのは、中塚本人による真摯で切ない歌声の存在感によるもの。曲作りの原点に立つ姿勢に、飾らない真のオリジナリティを垣間見る。これもまた、中塚が紡ぎ出す一つのスタンダードナンバー。
     
    ●What’s Your Name
    ブレイクビーツとヴォイス・サンプリングというHIP HOP的手法を使いながら、どうしてこんなに優しくあたたかい曲が生まれてしまうのでしょうか。リズミカルにコラージュされた可愛いらしい子供達の会話がまるで天使達の歌声のように心地よく響く、ミディアム・アコースティック・HIP HOP。
     
    ●素顔のままで
    これまでも「Aguas de Agosto(ACUVUEコンタクトCM曲)」やCoco d’Or、clementine等のプロデュースワークで、ジャズ・ブラジリアンサウンドの先駆者でもある中塚武のJ-POPにおけるジャズブームに対する回答。fascinations渡辺雅美のビブラフォンをフィーチャーした上質なジャズ・ワルツを惜しみなく解体してジャズ・ミーツ・テクノに再構築。「精一杯生きる人たちへの応援歌」として中塚本人が書き上げた詞も必聴。
     
    ●Beauty in a beast
    ’04年秋 資生堂PN(ピエヌ)のCMソング。流麗なメロディにエッジの効いたエレキギターとアナログシンセが交錯し、2005年のエレクトロ・クラッシュ・シーンに一石を投じるグラムロック・チューン。最高のメイクとドレスアップでパーティーへ乗り込むオシャレな女の子に捧げたい。
     
    ●Friend
    アルバムの最後に贈る、何も飾らない中塚武の私小説的な一曲。稀代のメロディメイカーとしての才能が遺憾なく発揮されたアコースティック・ソウル・ナンバーは、誰もが口ずさみたくなる天衣無縫でメロウなメロディーをシンプルなアレンジとともに中塚武が切なく歌い上げる。今、一番大切にしたいメッセージソング。

      05_lovewing_ep_300pix

      Love Wing E.P.

      A-1. Love Wing
      A-2. Hooray, La La
      B-1. Melody Fair
      B-2. What’s Your Name?

      2005.08.02 Release
      12inchアナログ
      FMR-017
      ¥1,580(税込)
      DMR

      夏の到来にテンションの上昇を禁じ得ない人たちに贈る、最高のパーティーチューンのオンパレード!爆発的に期待の高まる2ndアルバム「Laughin’」のリリースに先行し、j-waveでFMヘビーローテーション真っ最中の『Melody Fair』をはじめ、問い合わせ殺到の注目曲計4曲を収録した、超目玉スペシャルイシューです!鳴り物入りで登場して以来、独自の音楽哲学で活動を展開してきた革命児、音楽界きってのアツい男・中塚武が、灼熱の太陽も、熱帯夜も、海も恋も、全ての夏のシーンを極限まで盛り上げる、DMR独占リリースの超強力12インチ盤!
      どれだけアツいのかと思って、本作制作中の彼の頭の上に、試しにやかんを乗せてみたらお湯が沸きました。太陽熱以上に開発が期待される未来の音楽のエネルギー源、いよいよフルスロットル!ヤケドするぜ!

        緑玉紳士

        Amazonで購入

        iTunes Storeで購入

        1. MONSIEUR GREENPEAS
        2. PINKY’S THEME
        3.  JOKER COIN
        4. GREENPEAS IN THE CITY|BAD PRESENTIMENT
        5. MUSICBOX
        6. CREEPING JOKER
        7. TAKE BACK THE TRUNK!
        8. WHERE………..?|WELCOME TO HELL
        9. COW FIGHT#1
        10. COW FIGHT#2
        11. JOKER’S DINNER
        12. ILL WILL BROS.FIGHT
        13. JOKER’S ROOM
        14. BUTLER CLIMBES UP
        15. FINAL BATTLE [@] JOKER TOWER
        16. GREENPEAS’S GONE
        17. GREEN PEAS A CHANCE

        2005.04.08 Relaease
        RECS-42
        ¥2,000(税込)
        RENTRAK JAPAN CO.,LTD

        栗田やすお監督・総制作のパペット・アニメ映画のオリジナルサウンドトラックを中塚武が担当。
        主人公、グリンピースの声を担当した、ワタナベイビー(ホフディラン)によるエンディング曲「Green Peace A Chance」も収録。

          joy-analog

          JOY (アナログ盤)

          A-1. Cafe Bleu (pour un oui ou pour un non)
          feat.Clementine
          A-2. Lift Me Up to the Sky
          A-3. Cherie!
          B-1. Wish upon A Shooting Star
          B-2. How To Cook Macaroni & Cheese
          B-3. St. Parade
          C-1. The Apple of My Eye
          C-2. One Day, at The Bus Stop
          D-1. Sunrise Sunset
          D-2. The Theme of “JOY”
          D-3. On The Palette



          2005.03.25 Release
          12inchアナログ
          AORLP-001
          ¥2,680(税込)
          Afters Or Records

          一流メロディーメイカー&サウンドクリエイターでもあり、プレイヤー&DJとしてもそのアツいパフォーマンスには定評がある中塚武。基本、目立ちたがり屋の彼は人前に出るのが大好きなのです。そんなセレブでポップな一面と、確かな楽曲クオリティーを評価され、ファン必携のアナログバージョンがリリースされました。DJをする彼のパフォーマンスは、空気ギターから空気トランペット、空気ドラムから空気ボーカルまでこなす、フロアの空気を大事にした凄腕プレイヤーぶり。こちらもファン必見です!

            joy

            JOY (韓国盤)

            Amazonで購入

            1. Cafe Bleu (pour un oui ou pour un non)
              feat.Clementine
            2. Lift Me Up to the Sky
            3. Cherie!
            4. Wish upon A Shooting Star
            5. How To Cook Macaroni & Cheese
            6. St. Parade
            7. The Apple of My Eye
            8. One Day,at The Bus Stop
            9. Sunrise Sunset
            10. The Theme of “JOY”
            11. On The Palette

            2004.10.22 Release
            HRC-106
            Happy Robot Record

            海外からの猛烈なオファーに呼応する形で、「JOY」の韓国盤リリースが実現。敬愛するジミー・スミスを彷彿とさせるジャケットには、「ほぼ自殺」の1ヶ月14kgダイエットを果たした中塚の精悍な姿が。発売時には、彼が主宰するバンドQYPTHONEの韓国ライブツアーも大いに盛り上がり、彼のDJでは「キャー!タケシ〜!」と大声援を受けるほどのアイドルぶり。ジミー・スミスばりにクールに交わしていた彼だが、本場キムチに石焼きビビンバ、デジカルビをたらふく食い、ロッテのガムでしめるという、すっかりダイエットのことなど忘れて大はしゃぎ。1日で14kgリバウンドしたとかしないとか。

              1 2 3 4 5 6 7

              中塚武の作品を各種オンラインショップでご購入いただけます。

              Close