• Swinger Song Writer special Web site
  • Delicatessen Recordings
  • YouTube
  • facebook
  • tumblr
  • Lyrics special Web site

New Release

Top

EYE

EYE_H1_RGB

『Lyrics』から3年ぶり、通算7作目のオリジナル・アルバム『EYE』が完成!
世界同時進行で新たな可能性を模索し続けている最先端のジャズシーンにも通じるアグレッシヴでスリリングな新しい音のカタチ。ぜひお聴きください♪

タイトル:EYE
発売日:2016年3月16日
価格:2,800円+税
品番:UVCA-3035

【収録曲】 
01. JAPANESE BOY
02. プリズム
03. 律動(リズム)
04. あの日、あのとき
05. 初夏のメロディ
06. 〇の∞(album version)
07. ふれる
08. 苹果
09. parkour
10. ひとしずく
11. ひねもすえそらごと
12. からまるゆるめる

Profile

Top

title.png

シンガーソングライター、サウンドクリエイター。
1998年、自ら主宰するバンドQYPTHONE(キップソーン)としてドイツのコンピレーションアルバム「SUSHI4004」で海外デビュー。国内外での活動を経て、2004年にアルバム「JOY」でソロデビュー。ジャズやラテンをベースに様々な要素がクロスオーヴァーした独自のサウンドが話題となり、ソロ活動以外にも、CM・テレビ番組・映画音楽の制作・アーティストへの楽曲提供と幅広く活動。今までに5枚のオリジナル・フルアルバムをリリース。

2010年リリースの「ROCK’N'ROLL CIRCUS」でiTunes Storeエレクトロニックチャート1位を獲得し、全国各地でのライブや野外フェスにも多数出演。

2011年より、新曲の無料配信サービス「TAKESHI LAB」をサイト上に開設。同年6月には、docomo「AQUOS PHONE」CM曲「Black Screen」を配信限定でリリース、ミュージックビデオがiTunes Storeエレクトロニック・チャートで1位を獲得。

2012年には野宮真貴コンサートの音楽監督を務め大きな話題を呼ぶ。同年4月からはiTunes Store配信リリース企画「Delicatessen LAB」をスタート。iTunes Jazzチャートで4作連続1位という快挙を達成。同年7月発売の声優・花澤香菜のシングル「初恋ノオト」では全曲の作詞・作曲・編曲を担当し、オリコンチャート4位を記録。

2013年にソロ活動10周年を迎え、その第1弾として、作詞・作曲・編曲・歌唱・ピアノ演奏をすべて一人で行ったフルアルバム『Lyrics』をリリース。シングルカットされた「恋とマシンガン/虹を見たかい」限定7インチアナログが即日ソールドアウト、全国レコード店のアナログチャートで軒並み1位を獲得。同年6月には10周年記念イベントを行い、土岐麻子、野宮真貴、BIKKE(Tokyo No.1 Soul Set)、ロケットマン、星屑スキャット等、中塚に縁のあるアーティストも多数参加、大成功を収めた。

2014年1月には第2弾として、ビッグバンド”イガバンBB”とのコラボレーション・カヴァーアルバム「Big Band Back Beat」が一般発売され、4ヶ月連続リリースの限定7インチアナログがAmazonはじめ全国レコード店のアナログチャートで1位を獲得。2月には、ディズニー公式•ピアノ•ジャズ•カヴァーアルバム「Disney piano jazz “Happiness”」をリリースし、収録曲が日テレ「夢の通り道」のオープニングテーマにも使用される。

そして、4月にはソロ活動10周年企画のラストを飾る第3弾、10年間の軌跡を辿るベストアルバム「Swinger Song Writer」が発売された。レーベル間をまたいだオールタイム・ベスト~【SHIM-CD(高音質CD)+DVD】に、iTunes Jazzチャート1位を獲得したNHK Eテレ「サイエンスZERO」オープニングテーマ「◯の∞」を収録。類い稀なる中塚武の全方位的魅力が凝縮されたアルバムとなる。

Discography

Top

JAPANESE BOY/バレンタイン・キッス (7inch EP)

A.JAPANESE BOY
AA. バレンタイン・キッス


2016.2.10 Release
UCT020
¥1,512(税込)
UNCHANTABLE RECORDS

2月10日(水)アナログ7inch『JAPANESE BOY/バレンタイン・キッス』限定盤リリース!
A面にはオリジナル曲「JAPANESE BOY」のド派手な高速ジャズ。そして、B面には国生さゆり「バレンタイン・キッス」のジャジーなカヴァー曲を収録。

Event & Live

Top

[4/21] 中塚武NEWアルバム「EYE」RELEASE PARTY ~目玉の飛び出す夜~ 開催決定!

中塚武3年ぶりのオリジナルアルバム「EYE」のリリースパーティが、4月21日(木)代官山 UNITにて開催決定!
Delica LABでも大人気のフードユニットたちが一同に集結したフード・コートや、アルバム「EYE」オリジナルグッズも限定販売☆
さらに、ご来場者全員にアルバム未収録のボーナストラックCDをプレゼント♪
みなさまのお越しをお待ちしております!
*フード&グッズ、その他リリースパーティ情報につきましては、中塚武HPまたはTwitter・Facebookにて随時お知らせいたします。

中塚武NEWアルバム「EYE」RELEASE PARTY
~目玉の飛び出す夜~


■日程:2016年4月21日(木)
■時間:OPEN18:00 / START:19:30
■会場:代官山unit

■CHARGE:
前売り3,500円(+1D)、当日4,000円(+1D)
*2/20(土)より、一般発売開始(ローソン、チケットぴあ、イープラス)

他のイベントを見る

イベント予約希望の方は、下記の事項を明記の上ご連絡下さい。

  • イベント名
  • メールアドレス
  • 代表者の名前(フルネームで、カタカナでお願いします)
  • 人数

※予約確認のメールをお送りしますので、携帯の方は「nakatsukatakeshi.com」の指定受信設定をお願いします。

予約をする

Works

Top

P.O.P『おかあさんにきいてみないとわからない』

P.O.P 2ndアルバム『おかあさんにきいてみないとわからない』に中塚武が「初まりの日 feat. 中塚武」で参加しました。

[LINK]P.O.P

Takeshi Lab

Top

中塚武が無料であなたに曲をお届けします!

配信中の楽曲は定期的に更新され、常に新曲をあなたにお届けします。
配信タイトルは常に新曲のみ。過去の配信タイトルをダウンロードすることはできませんのでご注意下さい。

現在配信中のタイトル

On_and_On_combo_version

【On and On (combo version)】



melody : Takeshi Nakatsuka
lyrics : Takeshi Nakatsuka
Vocal, Piano : Takeshi Nakatsuka

Drums : Kaoru Suzuki
Bass : Kentaro Ishigaki
Saxophone : Shunosuke Ishikawa

Horn Section
Trumpet : Yoshiaki Kayano
Trombone : Makoto Igarashi
Saxophone : Naomu Soeda

artwork : Kentaro Ishigaki

(C)(P)2012 Delicatessen Recordings



Twitter

Top

中塚武についてTwitterでつぶやこう!

左には、「nakatsukatakesh」で検索したつぶやきが表示されています。

中塚武の関連情報を
スタッフがつぶやいていきます。

Column

Top

【ライヴレポート】オールリクエストライヴ ’15/12/6@吉祥寺「QUATTRO LABO」

12/601
中塚武の2015年の締めくくりとなるライヴは、セットリストを、当日クジを引いて決める、オールリクエストライヴとして開催された。

会場は、吉祥寺・井の頭公園そばにある、音楽/食事/お酒を楽しめるミュージック・カフェ&ダイニングバーQUATTRO LABO。渋谷などに展開するCLUB QUATTROがプロデュースにしているということで、煉瓦の内装も共通する、中塚の音楽にもぴったりのおしゃれな空間だ。

12/602*
曲目は、事前に予約したお客さんからリクエストを募っており、それらの曲をすべて演奏できるようリハーサルをしておくという、演者としてはとてもしびれる内容。しかし、そのドキドキ感も楽しんでもらおうという中塚の身を削った?演出なのだ。

12/603
今回サポートを務めたのは、中塚のライヴではおなじみの石垣健太郎(g)と石川周之介(sax、flute)の2人。アコースティック・セットで行われ、中塚はボーカルに専念した。

開場直前まで入念なリハが行われており、開演が19時と変更となったが、開場と同時に続々とお客さんが訪れ、すぐに席が埋まった。開演までの時間は、QUATTRO LABOこだわりの料理、お酒を楽しみ、会場内の雰囲気も自然と高揚していくのが伝わってきた。

12/604
開演時刻となり3人が登場。あまりに自然に現れた3人それぞれが持ち場に着き、お客さんもかたずをのんで見守る。そこで今回のライヴの趣旨とメンバーが紹介され、「今日は忘年会だから楽しんでね。僕らは余裕がないんで」という中塚の言葉に笑いが起こる。そして中塚が早速リクエストボックスから1曲目の紙を引いた。

12/605
楽曲は「Countdown to the End of Time」。中塚の『ROCK’N'ROLL CIRCUS』に収録された、最近では定番と言えるブラス・セクションのカッコ良いナンバーだ。
中塚は、慣れている楽曲からか、一瞬安堵した表情を浮かべライヴがスタートした。
軽快なリズム・セクションは石垣のアコギで、重厚なブラスは石川のアルト・サックスでカバーし、中塚が歌い出す。サビでは中塚の手元の機材でボーカルにハーモニーを加えるなど、原曲の雰囲気を残ししつつ3人で織りなすアンサンブルが心地良かった。

12/606
1曲目を終え、多少の緊張感も解けた会場。オールリクエストライヴは今回2回目で、準備は大変だが、お客さんに楽しんでもらいたいという思いが中塚から語られた。メンバーに同調を求めるも、準備の大変さからか、無反応の2人に苦笑しつつ、次の曲がボックスから引かれた。

引かれたのは、連続して中塚の楽曲「キミの笑顔」。「今日のボックス先輩は優しいね」と中塚が笑いながら言い、ミディアム・テンポのバラードを歌い上げた。

12/607
3曲目の前に、中塚の盟友とも言える石垣とのエピソードが語られ、その石垣がクジを引く。出てきたのは、シンガー・ソングライター九州男の「1/6000000000 feat. C&K」。今回初めて聴いたという中塚は、昭和歌謡のアレンジにチャレンジ。というのは、C&Kからクレイジーケンバンドを想起したからだという。

12/608-1 12/608-2
そして、小道具として用意していたティアドロップのサングラスを3人がかけ演奏を開始した。中塚は声色を少し低く太く歌い、石川も野太いサックスで演出。原曲とは異なる中塚ならではの世界観で料理した。最後はイイネ!のポーズで決め、会場内から大きな歓声が上がっていた。

12/609
続く曲は石川が引いたBONNIE PINK「A Perfect Sky」。こちらは、90年代初頭に流行した、ヒップホップ・ソウルを意識したアレンジで、シャッフルのリズムで披露。こういった発想と実際にものにしてしまう中塚のアレンジ能力にはいつも驚かされる。

そして1stセット最後となった曲は、QYPTHONEの「On the Palette」。自身もセルフカバーしたことのある曲と言うことで、アコギとフルートによるボサノヴァ調のアレンジで聴かせた。

12/610
休憩を経て2ndセットへ。
ここからはお客さんにリクエストボックスを引いてもらうということで、入場時に配られたビンゴのボールで抽選が行われた。当たった人には、1stセットで使われたティアドロップのサングラスがプレゼントされるといううれしいサプライズも。

12/611-1 12/611-2
そして2ndセット最初に引かれたのは「〇の∞(ゼロの無限)」。Eテレの『サイエンスZERO』のテーマ曲にもなっている中塚の楽曲だ。原曲はビッグバンドだが、ここでも石川のサックスが活躍。石垣のギターと相まって、キメの多い難曲も何なくこなし、大いに盛り上げた。

12/612
7曲目は椎名林檎「NIPPON」。70年代ブラジリアンをイメージしたというアレンジで、ルーパーという機材を使い、ボイスパーカッション、リズムを重ねて演奏された。

続いては「ばらの花」。くるりの楽曲だが、同曲をリミックスした故レイハラカミのアプローチで、こちらもルーパーでハーモニーやアコギ、マイクによる4つ打ちキックなどを取り込み、音響的なサウンドで魅了した。

12/613-1 12/613-2
9曲目は中塚のアルバム『Laughin’』収録の「Friend」。“友達とは永遠ではない”というテーマで歌ったバラードを、中塚のむき出しのボーカルで歌い上げ、観客もジッと聴き入っていた。

ラストの曲と言うことで引かれたのは、カーペンターズの「Sing」。耳なじみの楽曲をスウィング調のアレンジで聴かせ、手拍子の中温かい雰囲気のもと本編の幕を閉じた。

12/614
もちろん沸き起こるアンコールに、3人がサンタの帽子を被って再び登場。最後までリクエストボックスから曲を選ぶと言うことで、中塚の「You are the One」とインコグニートの「Don’t You Worry ’bout a Thing」の2曲がピックアップされた。

12/615
ここで3人が何やら作戦会議を。ライブ中もちょくちょく見られた光景だが、ここでは少し長めに、即興で構成を考えていたそうだ。

12/616
ルーパーを使い、マイクで4つ打ちのキックを入れるなどリズムを構築して「You are the One」がスタート。
曲の後半、石川のサックス・ソロに入ると、中塚が石垣に耳打ちをする場面が。そしてソロが終わるとアコギが転調し、「Don’t You Worry ’bout a Thing」にそのまま突入した。
最後とばかりに自由にフェイクしてファルセットを使いエモーショナルに歌う中塚に、会場内の手拍子も自然と大きくなり、そのままの盛り上がりでライヴは終了した。

12/617
興奮冷めやらぬ会場では、観客が帰りがてら思い思いに中塚ら3人に声をかけていた。小規模な会場だからこそ、こういったアットホームな光景が似合う。
一仕事終えた感満載の中塚に声をかけると、「準備が大変だったけど、ただのカフェ・ライブにはしたくなかった」と。確かに、アコースティック編成の3人とは思えないアンサンブルを聴かせており、観客が楽しみ、魅了され、感動する空間を作り上げていた。それを飄々とこなしているように見せる中塚のアレンジ/プロデュース能力が結実した、一夜限りの貴重なライブだった。

12/618
ところで、今回演奏されずお蔵入りになってしまた曲が、まだ数曲あるらしい。これは次回に持ち越されるのか? 2016年も中塚の動向に注目していこう。

12/619
Text by Yoshihiko Kawai
Photos by Yoichiro Kikuchi, Akiko Tanaka

【Set List】
1「Countdown to the End of Time」
2「キミの笑顔」
3「1/6000000000(六十億分の一)」九州男
4「A Perfect Sky」BONNIE PINK
5「On the Palette」

6「〇の∞」
7「NIPPON」椎名林檎
8「ばらの花」yanokami または くるり
9「Friend」
10「Sing」The Carpenters

EN「You are the One」
 「Don’t You Worry ’bout a Thing」Incognito

Media

Top

光と音のシンフォニー「ライティング・オブジェ」2015

12月17日(木)から12月27日(日)まで東京ビルTOKIAにて開催中『光と音のシンフォニー「ライティング・オブジェ2015」』に中塚武の作品が展示されています☆光り輝く空間にぜひ足をお運びください♪

>>>光と音のシンフォニー「ライティング・オブジェ」2015

JFN『simple style-オヒルノオト-』選曲

12月1日(火)、8日(火)、22日(火)の3日間に渡り、JFN『simple style-オヒルノオト-』「お昼の音」のコーナーで中塚武がお昼のひとときにピッタリな音楽を選曲!

>>>JFN『simple style-オヒルノオト-』

ニッポン放送「Music Go Round」11月金曜ナビゲーター

ニッポン放送「Music Go Round」11月金曜ナビゲーターに中塚武!

OAは20〜22時。PC、アプリで聴けます。

>>>Music Go Round

「Sound & Recording Magazine 12月号」あなたの愛用ヘッドフォンを教えてください!

『Sound & Recording Magazine 12月号』に中塚武のインタビュー掲載!
表紙にも登場していますので、ぜひチェックしてみてください☆

>>>Sound & Recording Magazine

[8/15]FM大阪「五十嵐はるみのソー・ナイス」ゲスト出演

8月15日(土)11:30〜11:55にFM 大阪で放送された「 五十嵐はるみのソー・ナイス」に 中塚武が出演しました!

昨年11月に発売されたディズニー公式・ピアノ・ジャズ・カバーアルバム
「Disney piano jazz“HAPPINESS” Deluxe Edition」の話題を中心に、2人の出会
いなどを振り返りながら楽しくお届けしています。

>>>Fm大阪「五十嵐はるみのソー・ナイス」

[4/10] Fm yokohama 84.7 「濱ジャズ」ゲスト出演

4月10日(金)26:30〜27:00にFM ヨコハマで放送される「 濱ジャズ」に 中塚武が出演します!

中塚の好きな横浜のシーン、思い出の場所、ライヴなど・・・
そんな横浜に似合う「私の濱ジャズ」を選曲します!
また、3月11日にリリースした、ディズニーピアノコンピ「PIANO MAN PLAYS DISNEY」の魅力もたっぷりご紹介☆

>>>Fm yokohama 84.7「濱ジャズ」

「Casa BRUTUS 4月号」MY FAVORITE

『Casa BRUTUS 4月号』は居心地のいいカフェ特集☆
「MY FAVORITE」のコーナーで中塚武が行きつけのカフェを紹介しています!
是非チェックしてみてください♫

>>>Casa BRUTUS

ニッポン放送「Music Go Round」3月金曜ナビゲーター

ニッポン放送「Music Go Round」3月金曜ナビゲーターに中塚武!
番組前半は、今月11日にリリースのコンピレーションアルバム『ピアノマン・プレイズ・ディズニー』 の大試聴会!!
後半はゲストに fox capture plan岸本 亮さん、カワイヒデヒロさん、井上 司さん3人揃ってもスタジオに!
OAは20〜22時。PC、アプリで聴けます。

>>>Music Go Round

「Jazz Life 1月号」 インタビュー

12/13発売の「Jazz Life 1月号」にて、中塚武のインタビュー掲載!
『Disney piano jazz “HAPPINESS” Deluxe Edition』にまつわる裏話やアルバムへの思い入れをたっぷり語っています☆

>>>Amazon:jazz Life 2015年 01月号

ニッポン放送「Music Go Round」12月金曜ナビゲーター

ニッポン放送「Music Go Round」12月金曜ナビゲーターに中塚武!
番組前半は、「中塚武・2014年を振り返ろう」の大特集!!!そして後半には、ゲストに「Somethiing new」の茅野嘉亮さんと野口茜さんが登場!
OAは20〜22時。PC、アプリで聴けます。

>>>Music Go Round